PHDつれづれ日記。

PHD協会のボランティアたちが綴る、PHDレポ☆   投稿者は必ず自分の名前を文中に入れてくださいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一月も後半

 あっという間に1月も半ばを過ぎて後半に。遅くなりましたが、寒中お見舞いを申し上げます。

久々に事務所を訪ねると、研修生と職員2名は1月14日から西日本研修旅行中で、事務所内はシーンと静まり返り、沈黙が支配している気配。職員1名は黙々とパソコンに向かい、ボランティアも無言で切手の整理中。
やはり人数が少ないと部屋まで寒々とした感じです
(いつも暖房をつけていないとのコメントが入りましたが、日頃は寒々とした雰囲気ではないのにね?)

そんな中、先週の土曜日にはレターの編集会議と順調に仕事は進んでいるようです。レターの作業が進むと多くのボランティアの参加で部屋も賑やかになるのですが・・・春とともにボランティアの皆さんが待ち遠しい、今日この頃です。

 さて、ボランティアの仕事の一つに、切手整理がありますが、一人の日は黙々とした作業で能率が上がりません。複数になるとお喋りや互いに競って(?)作業するのも楽しく能率が上がります。
しかしボランティアの仕事量は、会員の皆さんから送られてくる切手の量に比べると微々たるものです。
何度も手伝ううちに、分業で仕分け係・切る係に分担して作業すると効率が上がることが分かりましたが、作業するボランティアは無言で黙々とした作業になってしまいます。
やはりボランティアの仕事は楽しくなければ参加の意義がありません。

作業中のお喋りに時には事務所の職員も相槌を打ったりで、とても楽しい作業になっています。
是非皆さんもご参加になりませんか?

"顧問"松本
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。