PHDつれづれ日記。

PHD協会のボランティアたちが綴る、PHDレポ☆   投稿者は必ず自分の名前を文中に入れてくださいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ・ボート

20070601121815.jpg


20070531235835.jpg
22日朝。
前夜の雨で、昨日は歩いて渡っていた川が増水して渡れない!!
これじゃあヨリーさんの家から隣村の集合場所へ行けない!?

20070601122831.jpg
そんなときは、黒い大きなタイヤのような浮き輪を並べた上に板を渡し、
その上にしゃがんで乗り込むというエキサイティングなボートで川を渡ります。

20070531235854.jpg
原動力はずばり、おっちゃんが泳いで引っ張ります。
雨が降った翌日は、水はおっちゃんの背の高さより深かった…!
水に流されながら斜めに渡ります。不謹慎ながら、面白かった。
何度も橋をかけたけど、流されてしまったそう。
増水のたび不便&危険なので、村の人にとっては大問題。

20070601121815.jpg
ホームステイへの帰り道
タイヤ・ボートの上のヨリーさん

20070601121823.jpg
ボートの上から、夕陽に映える山々。
空も風も気持ちいい。

20070531235926.jpg
浮き輪を運ぶおっちゃん


ところで、
私たち研修生がフィリピンの風景を見て驚いたのが、
フィリピンには森林と呼べそうなものがない、ということ。

20070531233550.jpg

マニラからのバスの窓から見える景色はずっと平野でした。
そして村近くの山にも、不思議なことに大きな木が生えていないのです。
ハイディさんやロナルドさんに聞くと、
「数十年前には木が生えていたが、日本などの会社が全部伐採した。
政府は当時はやらせたい放題で、今でも放置したままで
植林で森を再生しようとはしない。山の持ち主は山をきれいに
するため焼畑をするから、木は大きくならない。」とのこと。

木がない山は水を蓄えられず、雨が降るたび川が増水して、
ひどいときには川の近くの玉ねぎ畑や水田が水浸しになってしまいます。

20070531235912.jpg
川のすぐそばの玉ねぎ畑

雨季や台風が、とても心配。。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://somuo.blog107.fc2.com/tb.php/6-45325457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。